JAZZ, EURO JAZZ, FRENCH, BRAZIL, SOFT ROCK, RARE GROOVEなどを扱うレコード専門のWEBSHOP

 
全34件 (1〜10 件を表示) 登録日 価格
MI DULCE LOLITA
  • [ARTIST] LOS MINIMAS
  • [TITLE] MI DULCE LOLITA
  • [LABEL/FORMAT] EMI ODEON / SP
  • [PRICE] ¥29400 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] EX / VG+ (FC)
【COMMENT】
南米ペルー産FUNK最高峰に君臨するBLACK SUGARメンバー絡みのサイケROCKバンドLOS MINIMASの1969年リリース究極RARE SEVEN INCシングルMI DULCE LOLITA。この謳い文句筆頭はマチガイナクLOS FAR FENが思い浮かびますが先ずコチラ”IM I THE SAME GIRL”カバー”MI DULCE LOLITA”を聴けば同率首位だなって思いますねッ!!!そしてカップリング”1-2-3 SOUL”を聴いてしまうと彼らの独走ブッチギリの首位ってコトで納得頂けるハズッ。BLACK SUGARのRARE SEVEN INCと双璧の立ち居地だと思って頂いても結構ですよッ。
I WANT TO BE WITH YOU
  • [ARTIST] XXXXXX XXXX XXXXXXX
  • [TITLE] I WANT TO BE WITH YOU
  • [LABEL/FORMAT] ESSAR / SP
  • [PRICE] ¥15960 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] EX+ / VG+ (FC)
【COMMENT】
US R&BソウルXXXXXX XXXX XXXXXXX AND THE XXXXXXXの1963年リリースSEVEN INCシングルI WANT TO BE WITH YOU。JUKE-BOX系のヴィンテージR&BはMAMBOでエキゾな音が今大好きなのですが、コレは例外ッ!!!ほのかに香る絶妙なカリビアンヴリーズオールドR&Bッ。どうも音の魅力がワタクシのマイブームを超越してしまったようだッ。
LOVING YOU COMES EASY
  • [ARTIST] TOMMY KEITH
  • [TITLE] LOVING YOU COMES EASY
  • [LABEL/FORMAT] VIBRATION / SP
  • [PRICE] ¥12600 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] EX / VG+ (FC)
【COMMENT】
USニュージャージー出身のシンガーソングライターTOMMY KEITHのセルフプロデュース1978年VIBRATIONレーベルリリースSEVEN INCシングルLOVING YOU COMES EASY。エレガントなPAINOリフイントロで失禁寸前でございますが、ソウルフルかつ甘いVOCALが歌い出せばもうシンボウたまらんッ、、、、ボッ〇しちゃいましたよッ。
LA CHISMOSA
  • [ARTIST] BANDA MUSICAL DE QUITO
  • [TITLE] LA CHISMOSA
  • [LABEL/FORMAT] FADISA / SP
  • [PRICE] ¥11550 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] EX / VG+ (FC)
【COMMENT】
(SOLD-OUT)
コチラの商品は品切れです。
再入荷希望の場合は商品をカートに入れてご注文下さい。
次回入荷の際にご連絡させて頂きます。


南米エクアドルのご当地ローカルレーベルFADISAに残された舞曲楽団BANDA MUSICAL DE QUITOの60S SEVEN INCシングルLA CHISMOSA。哀愁散布系の極上ブラスCUMBIA”LA CHISMOSA”の聴けば聴く程に増す中毒性の高い感覚は唯一無二の存在感ッ!!!実に危険だぞッ!!!
CUMBIA DEL PLMAR
  • [ARTIST] ALFREDO BARRANTES
  • [TITLE] CUMBIA DEL PLMAR
  • [LABEL/FORMAT] PATTY / SP
  • [PRICE] ¥11550 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] EX / VG+ (FC)
【COMMENT】
コンピCDクレジットも少なく滅多に音源を聴ける機会が無いのですが、、、名門ORQUESTA SONOLUXの指揮を振る等随所で見逃せない良い仕事を残す南米ペルーのLATINマエストロALFREDO BARRANTESがご当地ローカルレーベルPATTYに残した奇跡の名演CUMBIA DEL PLMAR。フロアに広がる聴こえる景色、香るザラザラした質感、エレガントかつ大胆不敵な旋律と圧倒的な存在感、、、、”CUMBIA DEL PLMAR”の殿堂入りに全く異論反論はございませんよッ!!!
SOMEDAY
  • [ARTIST] TABASCO
  • [TITLE] SOMEDAY
  • [LABEL/FORMAT] SUNFLOWER / SP
  • [PRICE] ¥9870 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] EX / VG+ (FC)
【COMMENT】
US大手MGMレーベル傘下SUNFLOWERに残されたチカーノ系SOULグループSOMEDAY。ゴージャスバッキングとコーラスを従えて跳ねまくった切れ味抜群のYOUNGソウル”SOMEDAY”、良い意味で自主盤感むき出しのカップリング曲”SUMMER FUN”共に属すコトが苦手なワタクシの大好物でございますッ!!!WANTして探せる代物じゃぁございませんよコレはねッ。
LOVE EACH OTHER
  • [ARTIST] LEON THOMAS
  • [TITLE] LOVE EACH OTHER
  • [LABEL/FORMAT] FLING DUTCHMAN / SP
  • [PRICE] ¥8820 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] EX / VG+ (FC DJ)
【COMMENT】
USソウルシンガーLEON THOMASの1972年RARE GROOVEクラシック傑作アルバムBLUES AND THE SOULFUL TRUTHからLOVE EACH OTHERを抜粋したFLING DUTCHMANレーベルプロモSEVEN INCシングル盤。フリーソウル育ちは勿論HIP-HOP B-BOYの皆さまも”LOVE EACH OTHER”と”LETS GO DOWN TO LUCYS”の2曲を抜粋と来れば文句無しでございましょうねッ!!!SEVEN INCは希少でございますがアルバムは全国の量販店にてお買い求め下さい。
CUMBIA DE LA MARIGUANA
  • [ARTIST] LOS GOLDEN BOYS
  • [TITLE] CUMBIA DE LA MARIGUANA
  • [LABEL/FORMAT] PEERLESS / SP
  • [PRICE] ¥7980 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] EX / VG+ (FC)
【COMMENT】
(SOLD-OUT)
コチラの商品は品切れです。
再入荷希望の場合は商品をカートに入れてご注文下さい。
次回入荷の際にご連絡させて頂きます。


南米コロンビアのCUMBIA-CHICAバンドLOS GOLDEN BOYSの1978年SEVEN INCシングルCUMBIA DE LA MARIGUANA。ヴィンテージCUMBIAにオールドSKAそして現行ミクスチャファンが挙って競りそうな危険な予感と快感ッ!!!!!
CUMBIA DE LA SAL
  • [ARTIST] LOS FALCONS
  • [TITLE] CUMBIA DE LA SAL
  • [LABEL/FORMAT] MELODY / SP
  • [PRICE] ¥7980 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] EX / VG+ (FC)
【COMMENT】
MUSARTレーベルコンピに収録された"CUMBIA DE SAL"カバーに一聴惚れし探しまくった南米コロンビアのLATINグループLOS FALCONSの"CUMBIA DE SAL"が待望のSEVEN INCシングル盤にて入荷ッ。ラテンミュージックとお酒と灼熱の熱帯LIVEをこよなく愛する皆さまのご期待に確実に添える巷で話題の正に現在進行形クンビアトラックだぜッ!!!!!カップリングに巨匠TOMAS BURBANO”RON Y AGUARDIENTE”を収録した無敵のスプリットSEVEN INCの入荷を見逃すなッ。
LA LUNA Y EL PESCADOR
  • [ARTIST] ROMULO CAICEDO
  • [TITLE] LA LUNA Y EL PESCADOR
  • [LABEL/FORMAT] MELODY / SP
  • [PRICE] ¥7980 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] EX / VG+ (FC)
【COMMENT】
コロンビア舞曲歌手ROMULO CAICEDOがヴィンテージクンビアを語る上で欠かせない最重要人物EDMUNDO ARIAS名演でおなじみ”LA LUNA Y EL PESCADOR”を歌った70S SEVEN INCシングル盤。演奏指揮はEDMUNDO ARIASなのかな?セピア色の歌声、哀愁と力強さを纏った鳴きじゃくるホーン、メリハリの効いた確かな演奏、、、すっかり心奪われてしまったよッ。惚れ惚れするよねッ。