JAZZ, EURO JAZZ, FRENCH, BRAZIL, SOFT ROCK, RARE GROOVEなどを扱うレコード専門のWEBSHOP

 
全196件 (1〜10 件を表示) 登録日
O KAILUA
  • [ARTIST] NOHELANI CYPRIANO
  • [TITLE] O KAILUA
  • [LABEL/FORMAT] HANAOLA / EP
  • [PRICE] ¥5880 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] EX+ / EX (RW SOC)
【COMMENT】
(SOLD-OUT)
コチラの商品は品切れです。
再入荷希望の場合は商品をカートに入れてご注文下さい。
次回入荷の際にご連絡させて頂きます。


MACKEY FEARYとの共演でもお馴染みのUSハワイの鍵盤奏者シンガーソングライターNOHELANI CYPRIANOの1978年HANAOLAレーベルリリース4曲EP SEVEN INC盤。LIHUE収録アルバムNOHELANI以前に録った所謂デビュー盤で、試聴の通り魅力の片鱗を感じる大充実の全4曲ッ!!!ブギーな感じはまさに今が旬でございますよねッ。ジャケ付完品ッ!!!
IVE GOT YOU UNDER MY SKIN
  • [ARTIST] THE JACKPOTS
  • [TITLE] IVE GOT YOU UNDER MY SKIN
  • [LABEL/FORMAT] SONET / SP
  • [PRICE] ¥4830 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] EX / VG+ (FC)
【COMMENT】
北欧SWEDENのPOPSY-ROCKバンドTHE JACKPOTSの1967年アルバムからみんな大好きIVE GOT YOU UNDER MY SKINカバーを抜粋したSONETレーベルリリースSEVEN INCシングル盤。高い空を連想させる爽快に広がるDREAMYアレンジは同カバー中でもダントツの胸キュン度数でございますッ!!!季節感も相まってこの魅力は5割り増しッッッツお値段は据え置きよッ。
HAFANANA
  • [ARTIST] RENZO DI JASIO GROUP
  • [TITLE] HAFANANA
  • [LABEL/FORMAT] RADIO / SP
  • [PRICE] ¥2520 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] EX / VG+ (FC)
【COMMENT】
イタリアのLATIN-ROCKバンドRENZO DI JASIO GROUPがAFRIC SIMONE名曲HAFANANAカバーを披露した1977年SEVEN INCシングル盤。HAFANANAはまぁ軽くスルーで結構ッ、カップリング曲UN DISCO E NOIのガッツ漲る感じを是非聴いて頂きたいぞッ!!!夏バテ防止ッ。
I DONT ENVY TIME
  • [ARTIST] LORI JACOBS
  • [TITLE] I DONT ENVY TIME
  • [LABEL/FORMAT] NEOSTAT / SP
  • [PRICE] ¥2520 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] EX / VG+ (FC)
【COMMENT】
USミシガン出身のシンガーソングライターLORI JACOBSの1978年アルバムEVERYTHINGS JAKEからI DONT ENVY TIMEを抜粋したNEOSTATレーベルリリースSEVEN INCシングル盤。ワタクシと同世代もしくはFREE SOULシーンにドップリ浸かった皆さまはマチガイナクこれはツボですよねッ!!!
SABOR A MI
  • [ARTIST] THE VIRGOS
  • [TITLE] SABOR A MI
  • [LABEL/FORMAT] RIVAS / SP
  • [PRICE] ¥9870 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] EX+ / VG+ (FC LTD)
【COMMENT】
USロス発REGGAE-SKAバンドTHE AGGROLITESフロントマンROGER RIVAS主宰の自家焙煎レーベルRIVASが2012年にリリースしたTHE ROGERS ALL STARSとTHE VIRGOSの音源を収録したスプリットSEVEN ICNSシングル盤。リリース翌年頃にこの音源を知ったのですがワタクシ同様その頃からコチラをお探しの皆さまにはご理解頂けるハズッ!!!本当に全く無いんですがご縁ありまして再登場ッ!!!ワタクシの大好きなタイトルSABOR A MIのインストSKAカバーお試し下さいなッ。もうラストチャンスよッ。
TEARS ARE FALLING
  • [ARTIST] ROBERT LEE AND THE EXQUISITES
  • [TITLE] TEARS ARE FALLING
  • [LABEL/FORMAT] STEELTOWN INC / SP
  • [PRICE] ¥6930 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] EX / VG+ (FC)
【COMMENT】
詳細は不明ですがUSシンガーソングライターROBERT LEE率いるROBERT LEE AND THE EXQUISITESの70S SEVEN INCシングルTEARS ARE FALLING。哀愁撒き散らすイントロから失禁寸前の美し過ぎるサンセットメロウGROOVE傑作TEARS ARE FALLING、ハワイ産かと思う程の上質アイランドLOCO GROOVE感がたまらないLISAと大好物の2色を搭載してしまった絶品自主制作ダブルサイダーでございますッ!!!
COME AND GET THESE MEMORIES
  • [ARTIST] PETER GALLWAY
  • [TITLE] COME AND GET THESE MEMORIES
  • [LABEL/FORMAT] RIPRISE / SP
  • [PRICE] ¥2520 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] EX / VG+ (FC DJ)
【COMMENT】
若き才能と個性が集約したUS ROCKバンドTHE FIFTH AVENUE BANDのリードVOCAL PETERの1971年リリースSEVEN INCシングルCOME AND GET THESE MEMORIES。タイトル通りMARTHA AND THE VANDELLASカバーCOME AND GET THESE MEMORIESと後に自身が結成するOHIO KNOXの1STアルバムに収録されたTAKING IT EASYを収録したナイスSEVEN INCでございますッ!!!
LOVE OF A LIFETIME
  • [ARTIST] HOLIDAY
  • [TITLE] LOVE OF A LIFETIME
  • [LABEL/FORMAT] PYRAMID / SP
  • [PRICE] ¥3570 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] EX / VG+ (FC)
【COMMENT】
詳細は全く不明ですがUSローカルROCKバンドHOLIDAYがUSノースカロライナPYRAMIDレーベルに残したおそらく80S後期SEVEN INCシングルLOVE OF A LIFETIME。試聴の通りオーパスでは既に人気者のTHE FANTASTIC SHAKERSやSHAGTIME BANDのサウンド所謂BEACH MUSICがお好みのアナタはスルー厳禁ッ!!!ソウル過ぎないソウルフルなAORには何所と無く夏を感じるのだッ。
GRADE ABERTA
  • [ARTIST] SERGIO SA
  • [TITLE] GRADE ABERTA
  • [LABEL/FORMAT] RCA / SP
  • [PRICE] ¥6930 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] EX / EX (RW)
【COMMENT】
ブラジルのSSW兼ピアニストSERGIO SAの1981年SEVEN INCシングルGRADE ABERTA。コレぞ80Sの象徴とでも言うべき跳ねたモダンBEATとアーバンメロウな展開にアダルトな歌声、この三位一体攻撃を耐えられるワケが無いッ。極上のモダンブラジリアンAOR傑作だと断言したい名曲でございますッ!!!
BLUEBERRY HILL
  • [ARTIST] THE RE-BURIALS
  • [TITLE] BLUEBERRY HILL
  • [LABEL/FORMAT] BLOWIN SOUND / SP
  • [PRICE] ¥1260 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] M / M (NEW)
【COMMENT】
残りわずかッ!!!

パーカスの藤井さんが同郷だったり友人の友人がリーダーだったりと何だか素敵なご縁で出会った愛知県豊川で活動するSKAバンドTHE RE-BURIALSの2018年4THシングルBLUEBERRY HILL。そうだ学校の帰り道だなぁ河川敷を長閑に散歩してるような大地と水辺の匂いが聴こえる名演BLUEBERRY HILL、おそらくワタクシと同世代のメンバーがよくぞこんなに甘酸っぱいメロディーを紡ぎ出せたなとキュンキュンしてしまうカップリングRETURN OF YOU共に老若男女問わず聴いて頂きたいッ!!!何かと営業力が重視される昨今ではございますが音楽愛に満ち溢れた楽曲(バンド)こそが脚光を浴びるべきだと思うのであった。