JAZZ, EURO JAZZ, FRENCH, BRAZIL, SOFT ROCK, RARE GROOVEなどを扱うレコード専門のWEBSHOP

 
全22件 (1〜10 件を表示) 登録日 価格 アーティスト名
MIRTHA Y RAUL ORQUESTA EGREM
  • [ARTIST] MIRTHA Y RAUL ORQUESTA EGREM
  • [TITLE] MIRTHA Y RAUL ORQUESTA EGREM
  • [LABEL/FORMAT] AREITO / SP
  • [PRICE] ¥2520 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] EX / VG+ (FC)
【COMMENT】
キューバ男女デュオMIRTHA Y RAULの70S AREITOレーベルリリースSEVEN INCシングルUN SUENO AL FIN REALIZADO。最近までMIRTHAは誰だか全く判りませんでしたがRAULってのはあの敏腕作曲家RAUL GOMEZでどうも2人は夫婦だそうだッ。摩訶不思議な分泌物出まくりのキレッキレのFOLKYサイケBREAKSッ!!!!!オシドリ夫婦ファンマストッ。
RIDIN THE RAILS
  • [ARTIST] K. D. LANG AND TAKE 6
  • [TITLE] RIDIN THE RAILS
  • [LABEL/FORMAT] SIRE / SP
  • [PRICE] ¥2520 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] EX / VG+ (FC)
【COMMENT】
US映画DICK TRACYサントラからカナダ出身のPOPS歌手K. D. LANGが歌ったRIDIN THE RAILSを抜粋した1990年SEVEN INCシングル盤。ご機嫌に跳ねたウキウキSWINGN-BEATに男の色気で誘うVOCALで口説かれたら、コレはもう断る理由は見当たりませんね〜ッ意中のあの子をお持ち帰り確定ですッ!!!!!
CAN I GO
  • [ARTIST] A SMALL CIRCLE OF FRIENDS
  • [TITLE] CAN I GO
  • [LABEL/FORMAT] A&M / SP
  • [PRICE] ¥4200 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] EX / VG+ (FC DJ)
【COMMENT】
始まりはココからだと言っても過言では無いソフトロック永遠のシンボルッROGER NICHOLS AND THE SMALL CIRCLE OF FRIENDSの1968年アルバム収録曲CAN I GOとDIDNT WANT TO HAVE DO ITを収録したA SMALL CIRCLE OF FRIENDS名義A&MレーベルプロモSEVEN INCシングル盤。ハイライトなんて決められない名曲満載粒揃いの最高傑作アルバムですからねッアルバム収録未収録問わずSEVEN INCで見付けたら買い足すってのがベストだと思いますよッ!!!
I WANT YOU TO BE MY BOYFRIENDS
  • [ARTIST] THE CHIC LETS
  • [TITLE] I WANT YOU TO BE MY BOYFRIENDS
  • [LABEL/FORMAT] JOSIE / SP
  • [PRICE] ¥4830 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] EX / VG+ (FC)
【COMMENT】
US GIRL POPSグループTHE CHIC LETSの50S後期JOSIEレーベルリリースSEVEN INCシングルI WANT YOU TO BE MY BOYFRIENDS。RICHARD GOTTEHRER絡みの作品って事でコンピSMASH BOOM BANGに収録されておりますが彼女達の事は何も分かりませんでしたァ、、、、。だがしかしPOPに跳ね回るI WANT YOU TO BE MY BOYFRIENDSを聴けばイッパツで虜でしょッ!!!キュンキュンですよッ。
WHAT KIND OF GIRL
  • [ARTIST] THE CHARMAINES
  • [TITLE] WHAT KIND OF GIRL
  • [LABEL/FORMAT] FRATERNITY / SP
  • [PRICE] ¥2520 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] EX / VG+ (FC)
【COMMENT】
US50S GIRLコーラスグループTHE CHARMAINESの1961年SEVEN INCシングルWHAT KIND OF GIRL。MOTOWNノリのほんのりフィルスペクター風味ですからコレは試聴の通り鬼キャッチーですよねッ!!!好きモノの琴線に触れる事マチガイナシでございましょうッ。
INA MIX 07 IT ONLY HAPPENS WHEN I LOOK AT YOU
  • [ARTIST] OSAMU INAMASU
  • [TITLE] INA MIX 07 IT ONLY HAPPENS WHEN I LOOK AT YOU
  • [LABEL/FORMAT] HARMONY / LP
  • [PRICE] ¥1620 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] SEALD / SEALD (MIX-CD)
【COMMENT】
ワタクシがまた旅行会社勤務だった頃、友人と九州の稲益君ってDJのミックステープが凄いよッなんて話をしたのを覚えています。その稲益さんと数年前に初対面、そして彼の作品を自分のお店で販売するなんてねェ何とも素敵なご縁でございますッ。10年振りとなる待望の新作ミックスは勿論ジャンルも時代の垣根も一切無し、在るとするならば一貫して抜群にポップだと言うヒトツのキーワードッ!!!!!決してPOPじゃぁ無い曲までも彼のセンスと選曲と選択で抜群にポップに聴こえてしまうのさッ。
そのセンスにはワタクシの友人である変態紳士こと(尊敬の意)細田氏と似た匂いがして止まないのだッ。

注)商品はシステム都合上LP表記ですがMIX-CDです。
THE SOUND OF CRYING
  • [ARTIST] PREFAB SPROUT
  • [TITLE] THE SOUND OF CRYING
  • [LABEL/FORMAT] CBS / SP
  • [PRICE] ¥1680 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] EX+ / EX (RW SOC WC DJ)
【COMMENT】
UKマンチェのネオアコグループPREFAB SPROUTの1992年アルバムからTHE SOUND OF CRYINGを抜粋したプロモSEVEN INCシングル盤。通常SEVEN INCのジャケでは無くてアルバム同ジャケ仕様なトコロがナイスですッ。コロンビア舞曲CUMBIAとネオアコが共存するお店ってどうなんでしょうねェ?、、、ワタクシは勿論アリだと思いますッ!!!思ってますッ!!!
BACK TO YPSILANTI
  • [ARTIST] LEE OSLER
  • [TITLE] BACK TO YPSILANTI
  • [LABEL/FORMAT] MUSTACHE / SP
  • [PRICE] ¥5880 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] EX / VG+ (FC)
【COMMENT】
USローカルシンガーLEE OSLERの1983年マチガイナク自主制作クラスの1983年SEVEN INCシングルBACK TO YPSILANTI。冴えない名前と微妙な立ち位置のこんな音が当時持て囃されたワケがナイッ!!!がしかし今はチガウぞッッッッ香るアーバン、さり気なく洒落たコーラスと背伸びしたアダルトな風合い、、、大好きだッ!!!カップリング曲TRANISHED LOVE AFFAIR共にオレ好みッ。
FOREVER YOUNG
  • [ARTIST] ROD MCKUEN
  • [TITLE] FOREVER YOUNG
  • [LABEL/FORMAT] POLYDOR / SP
  • [PRICE] ¥1890 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] EX / VG+ (FC)
【COMMENT】
USコンポーサーROD MCKUENが手掛けた1977年謎めいたRARE GROOVEディスコアルバムからFOREVER YOUNGを抜粋したSEVEN INCシングル盤。バブリーオーケストラDISCOチューンMETRO NEWSと共にアルバムのツートップを担うアルバム屈指のハイライトの相方がコレFOREVER YOUNGねッ。キレッキレのエッジの効いたFUNKYブラスとギターカッティングにノックアウト必至のファンキーディスコチューンだぜィッッツ!!!
TELL TALE
  • [ARTIST] ANITA AND THSO-AND-SOS
  • [TITLE] TELL TALE
  • [LABEL/FORMAT] RCAVICTOR / SP
  • [PRICE] ¥1680 (税込み)
  • [CONDITION 盤/ジャケット] EX / VG+ (FC)
【COMMENT】
ANITA KERRが在籍したUSコーラスグループANITA AND THSO-AND-SOSの1962年リリースSEVEN INCシングルTELL TALE。TONY HATCH絡みでございますから期待通りDREAMYッ!!!プロデュースはCHET ATKINSだそうだ、そりゃ素敵だわさッ。